top of page
  • 執筆者の写真Be Lav

大分県ボランティアトリミング 6月23日

ノミダニがいても慌てませんでした。


6月23日毎月恒例のボラトリ。


当店スタッフと有志1名の4名で5頭のワンちゃんたちをトリミング。



施設内には全部で11等保護されていたのかな。トリミング室に到着すると、お散歩前なのか大騒ぎの声が響き渡っていました。


お昼前からのスタート、早速連れて来てもらったのはクリフォード。過去にも3回ほどシャンプーしたことのある子。


私たちのことを覚えくれているのか、あまり慌てることもありません。


大型犬で威圧感はありますが、人は大好き。早く新しいお家が決まってほしいですね。



愛護センター同じみの看板犬くん、モップ。

1ヶ月前もカットさせてもらったけど、毛が伸びるの早すぎでもうモサモサに•••


元々トリミングは好きではないけど、最後まで付き合ってくれるんだよね。


ドライ中に気がつき、スタッフが「あっ」と声をあげました。

ふわふわの毛の根本には何やら黒い小さな粒•••いや、どう見ても動いており、すぐにノミだと分かりました。


手際よく捕まえると、シャンプーの入った容器にポチャリ。

これが適切な処置なのかどうか分かりませんが、当店代表は界面活性剤にノミを浸けると

生きられない・・・という。


最終的にこの子から発見したのは4匹。

センターにいる子だけに限らず、お外でお散歩する子にとっては遭遇するリスクが

ありますよね。


更に驚いたのは、同じ子の前足についていた大きく膨らんだダニ。。。

血を大量に吸ってブクブクに太っていました。

私も初めて実物を見たので背筋がゾワっ。


通常は素人が取ろうとすると頭などが残ってしまったりするので、病院に連れていくのが

一般的ですが、さすが経験も長いため上手に鉗子を使って引き離し成功。


ノミを見つけてしまうと、他にもいるんじゃないのか。

自分にもくっついていないか。など気になって作業がはかどりませんね。




他にも3頭の初めましてさんがいましたが、愛護センターの飼い主募集コーナーにも

掲載されていない子たちだったので写真は掲載しておりません。


みんな人が大好きで親しみやすい子たちばかりでした。

すぐに新しいお家が決まって、ゆっくりできるベットがほしいよね。



来月は7月7日(金)にボラトリ予定しております。

大分県のトリマーさんが興味を持ってくださったら連絡ください!



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page