top of page
  • 執筆者の写真Be Lav

兄弟犬は先に譲渡されて、ひとりぼっち

6月のボランティアトリミング。

おおいた動物愛護センターで、7頭の子たちをキレイにさせていただきました。

以前のボラトリで出会った柴ちゃんの雑種かな、子犬ちゃんの兄弟たち。

小さくてコロコロしていたのをよく覚えています。

今回再開した時にはちょっぴりお兄さんになっていて、でもまだあどけない表情が可愛い子はセンターに残っており、

他の兄弟は譲渡が決まって、新しいお家に行ってしまったようです。

この子も一緒に•••

という気持ちもありますが、仕方がありませんよね。


少し怖がりさんということもあり。汚れ具合もそんなにひどくなかったので今回は無理にシャンプーをせず、ブラッシングと汚れを軽く拭いてあげただけ。

他の子たちもシャンプーの経験が少ない子たちばかりなのか、大慌てな子も少なくありません。


1頭ずつに配慮しながらできるところまで、お手入れさせてもらいました。

センターの看板犬ダンボくんのトリミングは相変わらず、手強い。

稀に見るほど、乾きにくい毛質と毛の生え方。

3人がかりでもなかなかの大変さ。

各イベントにお出かけするだろうから、熱中症対策と今後のお手入れのことも考えて、短めにカットしました。


トリミングを終えて、しっぽを振りながら帰っていく子たちの後ろ姿が愛おしいですね。

6/9(日)は譲渡会。みんな新しいお家がまってほしいですね。


大分県でボランティアトリミングをしてみたいなというトリマーさんいませんか?


ぜひ グルーミングサロンHUG.DOGにご連絡ください。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page